FC2ブログ

昨日言ったから一応書くけど・・・

とりあえず、昨日書こうと思った妄想を書いてみます。

見る人たちへ
駄文です。
小石とかなら許します。
けど殺傷能力のあるものを私に投げつけないでください。



麗子の誕生日、
私は麗子を呼び出した。

reiko1『しゃちょ~来たよ~。』
「おお、来たか麗子!まずは誕生日おめでとう!」

reiko1『ありがとう!社長!』
「去年よりかなりレベルが下がるけどケーキを用意したよ。」


用意したケーキはイチゴのショートケーキとブルーベリーケーキ

reiko1『本当にありがとう、社長!』
「ああ、ケーキ2つしめて800円なり~!さあ、食べてみろよ。」

reiko1『うん!いただきま~す!』
(パクッ)

reiko1『うん、美味しい~!!』
「よかったー、それにしてもうまそうだな~」

reiko1『社長も一口食べてみない?』
「いや、食べてみたいけど、麗子の誕生日のために用意したものなんだから」
reiko1『じゃあ、私が社長に一口あげたいってことでいいよね。私からの命令』
「じゃ、じゃあ、一口だけ」

reiko1『それじゃあ、社長あ~ん』
「あ、あ、あ~ん」
(パクッ)


「美味しい、幸せだ~!でも、これって間接キッスだよな。」
reiko1『あ、そ、そうだね。・・・・・・・』
「・・・・・・・・じゃ、じゃあ、ケーキ食ってからトレーニング再開な」
reiko1『あ、うん、そうだね。』
「じゃあな。」


そう言って私は部屋を出て行った。
そして部屋に残された麗子は

reiko1『社長は、私のことをどう見ているのかな』



一方、部屋から出て行き、
後悔する

「あ~へんなこと言っちゃったなあ、嫌だっただろうな~、あ~自己嫌悪。」

とりあえずおしまい。
スポンサーサイト



Tag : レッスルエンジェルス

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)