気ままに予想結果 12月1週

末次版の金森麗子も可愛いな~

もう、ボクは君に対して狼になっちゃうぞっ
な~んちゃって

桜崎『バカの戯言を見せてしまったことを大変お詫び申し上げます。
   それでは続きより競馬予想の結果にいきます。』


「皆さん、こんばんは。ガーさんことガルフスです。」
金森『皆さん、こんばんは。アシスタントの金森麗子で~す!』
桜崎『ご主人様、お嬢様方、こんばんは。メイデン桜崎でございます。』
相羽『皆さん、こんばんはっ!相羽和希ですっ!』
「そんじゃま、早速結果発表に行きましょう。」
金森『は~い!結果はこうなりましたー!』

ジャパンカップダート

ガー フリオーソ   7着
金森 カネヒキリ   1着
桜崎 ヴァーミリアン 3着
相羽 カジノドライヴ 6着

「麗子、的中おめでとー!!」
桜崎『おめでとうございます。麗子お嬢様。』
相羽『おめでとうございますっ!』
金森『ありがとう!』
「麗子の言っていた予想がホントのことになったな。3年ぶりのGⅠ制覇。」
金森『自分でも驚いたよ。難病といわれた屈腱炎を2度発症してそれでもあきらめずに走ったことは感動ものだよ。』
桜崎『すごかったです。直線に入って内からうまいこと抜け出しましたね。』
「2着のメイショウトウコンと3着のヴァーミリアンは外からだったから。もし内から行けたら順位は変わっていただろう」
「それより、サクちゃんは前回にひき続いてまた3着か。狙ってやってるんじゃないの?」
桜崎『違います。たまたま惜しい結果が続いているだけです。』
「このままじゃレギュラーは難しいかもよ。」
桜崎『確かに、来週、再来週は2歳GⅠですから難しいです。』
「私的にももし2人ともダメなら新キャラをレギュラーにと。もう候補を上げているんだよ。」
相羽『それは誰ですか』
「現在のところでは獅子堂レナとさおさお&辻のミニマムレイザースだな。」
桜崎『社長のほうは全然当たってないんですからむしろ社長も入れ替わるのはどうですか』
「待てや!そうなったらコーナー成り立たないだろ!」
相羽『でも、社長の誕生日の時、コーナー名麗子さんになってましたから問題ないですよ。』
「コラコラコラ、話を進めるな!」
麗子『そうだね。たまにはいいかも』
「ホントにそう思ってるの麗子?」
麗子『ふふふふふ。それいいかもね。』
「うわ~ん!グレてやるー!!」
走り去っていくガルフス
相羽『ちなみに冗談ですよね。麗子』
麗子『もちろん冗談だよ。いつも和希や美咲さんを少しいじめすぎているからちょおっとね。それに社長がいないとなんだか寂しいもん』
桜崎『それじゃあ、次回予告は私たちがしておきますから麗子お嬢様は社長のところに行ってきてください。』
麗子『うん。ありがと』
走り去っていく麗子
相羽『それじゃあ、次回予告です。次回は中山でカペラステークス(JpnⅢ・ダート1200m)と阪神で阪神ジュベナイルフィリーズ(JpnⅠ・芝1600m)です。』
桜崎『それでは皆様』
2人『さよ~なら~』






ガルフスに駆け寄る麗子
麗子『社長!』
「・・・ん、麗子か、」
麗子『元気出してっ!さっきのは冗談だよ』
「そうか。でもここ最近じゃ麗子にほとんど先着してないんだよ。コーナー名本当に譲ろうか」
麗子『いらないよ。だって社長はこのコーナーで活き活きしているもんそんな社長が見れなくなるのは嫌だよ!たとえ大外ししても私は社長のこと嫌いにならないよ。』
「麗子」
麗子『でも、和希や美咲さんをあんまりいじめちゃダメだよ。』
「はい、肝に銘じておきます。」
麗子『それじゃ、一緒に帰ろっ』
「ああ。」
こうして二人で手をつないで仲良く帰りました。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
予想結果プラス妄想小説でした。
低レベルなものですが、
これが私の精一杯です。
そして、カネヒキリ復活Vおめでとう。
スポンサーサイト

Tag : レッスルエンジェルス 競馬

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)